就職活動 何十社も受けるメリットデメリット

就職活動では毎年いろいろなセミナーなども開催され、何十社も受けると合格しにくいという情報もよく耳にしますが、実際はどうなのでしょう?

いわば、嘘とも本当ともいえない状態というのが正しいのではないでしょうか。

例えば、1980年代後半から日本を駆け抜けていったバブルの時代には、普通の女子大生に企業から誘いが来たなんて時代もあったのです。
このように、景気の状況によっても違いがあります。
また、企業が求める人物像というのがありますが、これは多くの企業でほぼ一致していることが多いです。
なので、何十社受けても、ほとんどの企業から「是非採用したい」と思われる人もいる。
逆に受けた企業の全てに断られる人もいます。


もっとも重要なのは、「就職活動に臨む心構え」です。


受験などと同様に、1社しか受けなければ、その1社だけにすべてをかける背水の陣的な立場は顔つきにも行動にも表れます。
これはメリットです。
全力投球しやすい状況なのです。


滑り止めがたくさんあると、人間は気がゆるみます。
思っているつもりはなくとも、
「ここがダメなら、次はあそこがあるし・・・」
なんて、集中力の切れた状態に陥りやすいです。
そうなれば、通るはずの会社も通らなくなりますね。


あなたの性格にもよります。
ある程度の集中力を維持できるタイプもあれば、ずるずるだらだら状態に陥りやすい人もいます。
自分の性格と照らし合わせて、何社くらいまでなら集中して活き活きと臨めるかをイメージしましょう。


最後にひとつ。
面接で「他に何社くらい受けていますか?」と聞かれたときにありのままを答えないようにしましょうね。


▼注文は安心のヤーマン公式通販で。▼

》 》 公式サイトなら送料無料+代引き手数料無料
タグ :

関連記事

  1. これからだんだん減っていく職種は?
  2. サイレントお祈りって知ってますか?
  3. 就職活動の自己PR
  4. 就職と学歴の関係
  5. ノーノーフォーメン 口コミ2
  6. メガネをかけると好印象
  7. ノーノーフォーメン 口コミ