就職活動の自己PR

だいたい自己PRが下手な人が多い日本人。
日本人の美徳はひかえめでおしとやか・・・。
「謙遜」という日本独特の美徳を子供の頃から刷り込まれているからです。

就職活動の自己PRにおいては、それではとても不利ですね。
とても素晴らしい文化なのですが。


特に、グローバル系の企業では、謙遜=「出来の悪い人」
反面、自慢話になっては心象が悪くなりますから、バランス感覚はとても難しいです。
自己PRでは、「何が出来るか」を聞かれているようでいて、実は目的はそれでない事のほうが多いです。
求められていることは
「○○が得意になるために、どんな努力をしたか」、あるいは、「それ以外にもこういう面で勉強になった・人間性を高められた」という話。

「失敗によって成長できた!」といった話がもっとも心証が良いといえます。
スポーツが得意で、こんな成績を残した・・・・は単なる自慢。
スポーツをしたことで、自分がこんなふうに変わった・成長できた・・・はナイス!
ほんの少しの違いを身につけていけねばなりません。

▼注文は安心のヤーマン公式通販で。▼

》 》 公式サイトなら送料無料+代引き手数料無料

関連記事

  1. これからだんだん減っていく職種は?
  2. サイレントお祈りって知ってますか?
  3. 就職活動 何十社も受けるメリットデメリット
  4. 就職と学歴の関係
  5. ノーノーフォーメン 口コミ2
  6. メガネをかけると好印象
  7. ノーノーフォーメン 口コミ